トピックス

2017/04/21 Update

平成29年度 山火事予防運動について

 例年、この時季は空気の乾燥や季節風あるいはフェーン現象などの気象条件等から、山火事発生の危険性が高い時期となります。山火事はいったん発生すると消火が容易ではなく、一瞬にして貴重な森林を焼失するとともに、その回復には長い年月と多くの労力を要することとなります。
 これから、農作業や山菜採りなどにより山に入る機会も多くなりますが、特に、空気が乾いている日や風が強い日には、たき火や野焼きをしないなど、ひとりひとりが火の取扱いには十分な注意が必要です。

統一標語 「火の用心 森から聞こえる ありがとう」
 ●林野火災防止強化期間 平成29年4日21日(金)~平成29年5月21日(日)
 
山火事予防に当たって注意することは?
 ・枯れ草がある等火災が起こりやすい場所では、たき火をしないこと
 ・たき火等火気の使用中はその場を離れず、使用後は完全に消火すること
 ・強風時及び乾燥時には、たき火、火入れをしないこと
 ・火入れを行う際、許可を必ず受けること
 ・たばこは、指定された場所で喫煙し、吸い殻は必ず消すとともに、投げ捨て
  ないこと
 ・火遊びはしないこと



[ 西村山広域行政事務組合トピックスTOP ]