ホームに戻る       山形県経営者協会
 
 
最新のお知らせ
入会案内
会員企業サイト紹介
ダウンロード
リンク
お問い合わせ
最新のお知らせ    
(2020/05/14)
厚労省新型コロナウイルスに関する労働者向けQA(5月12日更新版)

厚生労働省から、新型コロナウイルスに関する労働者向けQA(5月12日時点版)が公表されました。
ご参考までにお知らせしますのでご確認ください。

新型コロナウイルスに関する労働者向けQA(5月12日時点版)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00018.html詳細はこちらをご覧ください
[設問の追加]
6 健康保険法等における傷病手当金、被扶養者の扱い
問2
Q:健康保険の扶養に入っていますが、新型コロナウイルス感染症の対応のため、一時的に収入が増加しており、年収が130万円を超えてしまいそうです。この場合、社会保険の被扶養者からはずれてしまうのでしょうか。

A:健康保険の被扶養者認定については、年間収入が130万円未満であることが要件の一つとされています。この年間収入については、今後1年間の収入を見込んで各保険者が判断することとしており、その認定に当たっては、過去の収入、現時点の収入又は将来の収入の見込みなどを用いることとしています。
このため、例えば、認定時(前回の確認時)には想定していなかった事情により、一時的に収入が増加し、直近3ヶ月の収入を年収に換算すると130万円以上となる場合であっても、今後1年間の収入が130万円未満となると見込まれる場合には、引き続き、被扶養者として認定されます。
また、被扶養者認定を受けている方の過去1年間の収入が、昇給又は恒久的な勤務時間の増加を伴わない一時的な事情等により、その1年間のみ上昇し、結果的に130万円以上となった場合においても、原則として、被扶養者認定が遡って取り消されることはありません。
被扶養者認定の詳細については、被保険者の方がお勤めの会社や、加入している健康保険組合、協会けんぽへご相談ください。

以上

一般社団法人 山形県経営者協会
お問合せ先 023-622-3875
>> 最新のお知らせ TOP